ED治療薬の処方は東京都港区新橋ファーストクリニック
下記時間内であれば 30 分以内に返信しております 「平日/12:00~20:00 土・日・祝/11:00~19:00」無料相談・お問い合わせ
オンライン予約初診再診

仮性包茎や真性包茎による早漏とその治療

日本人の中で真性包茎・仮性包茎である人は6~7割で半分以上の方が包茎であると言われています。割合が多く、包茎は病気などではないにも関わらず、日本では真性包茎・仮性包茎に対してはあまりいい印象は持たれません。
日本人に包茎の方が多いと言われているのには以下のような理由があります。

ひとつは、日本人男性が包茎を非常にコンプレックスに感じている、ということです。
海外の方でも包茎の方は多くいらっしゃいますが、そのことに関して日本ほどはコンプレックスを感じていないようです。
日本では包茎手術を促すような宣伝があったりし、包茎であることは恥ずかしいことだ、という認識が男女共通であるため包茎に対するコンプレックスが強く根付いています。
そのため、日本の方が気にする人が多くそのことに関しての話題が多い、海外の人は気にする人が少なく包茎に関する話題が少ない、というところから「日本人には包茎が多い」という印象になるのです。

二つ目の理由は文化の違いにあります。
日本では「包茎=恥ずかしい」という印象があり、包茎手術に対してもネガティブイメージが強いでしょう。
しかし欧米では割礼という儀式により、宗教上の理由から包茎手術を行う男性が多い上、性病のリスクを下げるために包茎手術をすることが一般的なこととして浸透しています。
つまり、欧米では包茎手術はネガティブなイメージではなく、極々自然なものとして扱われているため、施術を受ける方が多いのです。

真性包茎・仮性包茎の方に早漏の方が多いのは、いつも皮に包まれている亀頭が刺激に弱いため、性行為の強い刺激に耐え切れず射精に至ってしまうのが原因のひとつです。
では、真性包茎・仮性包茎の方は手術で改善しなければ早漏が治らないのか、と言えばそうではありません。
あくまで刺激に弱いから起こることですので、ある程度刺激に慣れれば自然と早漏は改善されていきます。

性行為の刺激に慣れることで早漏を改善

性行為の刺激に慣れる、と言っても早漏を気にするためになかなか性行為に踏み切れないという方や、性行為の度に早いと相手に申し訳ない、という方もおり、単純に性行為の回数を重ねて刺激に慣れていく、という改善方法だけで早漏を治そうとするのは難しいでしょう。
また、包茎性早漏の方の中には単に摩擦などの刺激に弱いという理由ではなく、若年層に多い性行為の経験不足による、性行為自体の「興奮」「視覚からの刺激」に慣れていないがために早く射精に至ってしまうケースも多く見受けられます。
よく早漏は包茎のせいだと決めつけるようなコメントがネット上には多く見られますが、早漏と包茎の間には実際は医学的因果関係はなく、包茎手術をしたからと言って早漏が改善する、とは限りません。

では、刺激に弱いと言われる包茎性早漏はどう改善すべきなのか。
まずはいつも皮を被っている亀頭を露出して、直接刺激する自慰行為に慣れるようにしましょう。皮の上から陰茎を刺激する自慰ではなく、皮を剥いた亀頭を刺激する自慰方法に変えて亀頭を刺激に慣れさせることで、早漏改善効果があります。
真性包茎の方は仮性包茎の方とは違い自分で剥くことはできませんので、どうしても早漏を改善したいと思われる方は包茎手術も選択肢のひとつです。包茎手術は「早漏を改善する方法」ではなく「早漏を改善するための準備の第一歩」と考える方が良いでしょう。前述したように、包茎手術だけで早漏が治るとは限らないためです。

男性器自体が刺激に慣れていないからではなく、「性行為をするという刺激」自体に慣れていない方には早漏治療薬の服用がお勧めです。
早漏治療薬の効果については、詳しくは薬剤紹介ページをご覧ください。

早漏治療薬プリリジーとは
世界初の経口早漏治療薬プリリジーについての詳細はこちらをご覧ください。

早漏治療薬を服用して、いつもより長い時間の性行為経験を積むことで、自然と性行為に慣れていくことが可能です。

自力で包茎を治すことは出来るのか

包茎を自力で治すことは可能なのか、それは皮を剥く習慣をつけていれば多少の改善はあるかと思います。
しかし、時間がかかりますし、ご自身の陰茎のサイズと皮のバランスもあり、必ず改善できるかと言うと難しいかもしれません。
実際に日本人の6~7割は包茎なのでそこまで気にする必要はありません。インターネットなどで包茎はダメだ!なんて記事が盛り上がってしまうのでそう感じてしまう方が多数いらっしゃるだけです。
早漏改善を目的として包茎を治療しようとするのであれば、早漏改善治療薬や包茎手術を行わずに自分で早漏を改善する方法もあります。
前述したように、自慰の方法を変えるだけでも早漏の改善になります。
しかし、自慰のやり方によっては早漏を悪化させてしまう、もしくは自慰の刺激にばかり慣れてしまい、逆にEDの症状が出てしまうこともございますので十分ご注意ください。

自分で出来る早漏改善法として、避妊具(コンドーム)を2枚重ねればよい、という意見をインターネット上でよく見かけると思いますが、絶対に止めてください。
重ねたゴム同士が摩擦により破れ、避妊具としての意味を成さなくなる可能性が御座います。
避妊具による早漏改善をお望みの方はなるべく厚手の避妊具を選ぶことをお勧めします。

オンライン予約

当院ではインターネットを通じて診察のご予約をすることが可能です。
スムーズな診察をご希望の方は是非オンライン予約をご利用ください。

初診の方のご予約 再診の方のご予約 初診・再診の診療予約をする
ご予約前に要チェック!

当院では患者様の負担を軽減するため初診の患者様限定の割引クーポンをご用意しております。
当サイトからご予約の際は是非ご利用ください。

初診限定割引クーポン
無料相談・お問い合わせ

EDに関する疑問やED治療薬についてのご質問やご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

診療時間
平 日 12:00~20:00
土・日・祝日 11:00~19:00
メールでのお問い合わせ

メールフォームからのご相談・お問い合わせは24時間受け付けております。診療時間内であれば30分以内に返信しております。

無料相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは診療時間内のみ受け付けております。

03-5777-5065