ED治療薬の処方は東京都港区新橋ファーストクリニック
下記時間内であれば 30 分以内に返信しております 「平日/12:00~20:00 土・日・祝/11:00~19:00」無料相談・お問い合わせ
オンライン予約初診再診

EDの原因とは

ED(勃起不全)とは、「Erectile Dysfunction」の頭文字をとってEDと呼ぶようになりました。
未だに多くの方が勘違いしているのですが、全く勃起しないことをEDと呼ぶことだけではなく、「中折れ」や「たまに勃起しない」、「柔らかい」などの症状も含まれます。
EDとインポ(インポテンツ)は同じ症状ではありますが意味合いが違います。

  • ED=勃起不全・勃起障害という意味で、治療すれば改善されることがある
  • インポ=性的不能・性機能障害という意味で、改善するのは難しい

となります。
昔はEDという言葉がなかったので勃起しない症状のことを全てインポで纏められていました。
しかし、インポという言葉は、「馬鹿にする」、「見下す」という意味に日本では取られた為、現在はEDと呼ばれるようになりました。
性的興奮を感じると肛門周辺にあるBC筋といわれる筋肉が、ペニス(陰茎)の海綿体に血液を送り込みます。
この部分がなんらかの原因でうまく作用しなかった場合にEDになるのです。
EDの原因には様々な原因がありますが大きく分けて4つに分類されます。
1つ目が病気や年齢が原因のもの、2つ目が精神的な原因のもの、3つ目が薬が原因のもの、4つ目が2つの原因が重なって起こるものです。

年齢と深い関係を持つ器質性ED

器質性EDとは、身体に何らかの原因があり、「勃起しにくい」、もしくは「勃起力が足りない」状態のことを言います。
器質性EDにも様々な原因が考えられますが一番多いとされているのが年齢によるものです。
年齢を重ねるごとに血管年齢も衰えていきますので、この器質性EDになりやすくなっていきます。
血管年齢が衰えるとなぜ器質性EDになりやすいのかというと、動脈硬化が起こり、ペニス(陰茎)の海綿体に十分に血液を流すことが出来なくなってしまうからです。
他にも糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病からくる器質性ED、男性更年期障害からくる器質性ED、神経障害からくる器質性EDなどがあります。

病気や年齢が原因でED
年齢(加齢)によるEDへの影響と病気が原因で引き起こされる器質性EDについてはこちらをご覧ください。

ストレスなど精神的なことが原因の心因性ED

心因性EDとは、身体には何も問題がなく、精神的な原因があり「勃起しにくい」、もしくは「勃起力が足りない」状態のことを言います。
心因性EDの原因としてストレスやうつ病などの精神疾患があります。
現代はストレス社会と言われるほど、日々ストレスを溜めている方が大勢いらっしゃいます。
仕事や夫婦関係、家族関係など日常生活のストレスが原因であったり、性行為での失敗(トラウマ)が原因で、また同じ失敗をしたらどうしようという不安やプレッシャーがストレスとなり心因性EDになってしまうのです。

当クリニックによく相談に来られる内容では、「子供を作ろうとしているのですが、排卵日が来るのがとてもプレッシャーになっている」という相談をよくされます。
性行為はプレッシャーやストレスを感じながらするものではありません。
リラックスできない気持ちが強いため、心因性EDの症状を引き起こすことが多くあります。

精神的な原因でED
精神的な部分が原因に影響している心因性EDについてはこちらをご覧ください。

特定の薬のせいで起こる薬剤性ED

薬剤性EDとは、普段から服用している薬剤が原因で「勃起できない」、もしくは「勃起力が足りない」状態のことを言います。
主に、中枢神経・末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化器官に作用する薬剤などが原因で薬剤性EDになることがあります。
しかし、このような薬を使用していたからEDになるとは必ずしも言えず、他の理由でEDになる場合もありますので、まずは医師と相談することを心がけましょう。
風邪薬や胃薬、頭痛薬などとは違い持病の治療を目的とした薬剤は、基本的に長期間の使用となりますので副作用など十分に確認して用法用量を守るようにしましょう。
それでも薬剤性EDになってしまった場合は持病の薬剤を止めるわけにはいかないため、服用している薬剤がED治療薬と併用できるものであればED治療薬を利用して薬剤性EDの症状を改善すると良いでしょう。

薬が原因でED
服用している薬剤が原因で引き起こされる薬剤性EDについてはこちらをご覧ください。

2つの原因が重なる混合型ED

混合型EDとは器質性EDと心因性EDの2つの原因が絡み合って起こる症状で、主に糖尿病や高血圧などの器質性EDに加え、その器質性EDが原因でストレスやプレッシャーを感じてしまい心因性EDになってしまう、というものです。
20代や30代の若い世代ではこの混合型EDになる場合は少なく、40代以降の世代から多くなる傾向があります。
また、混合型EDは、生活習慣病からくるEDだと気づかずに「勃起しない」、「中折れする」などの症状が起こり、違う原因でEDになったと勘違いしてしまうこともあります。
生活習慣病自体がなかなか気づきにくい症状なので、日ごろから運動や食生活、生活リズムなどに注意を払いましょう。

オンライン予約

当院ではインターネットを通じて診察のご予約をすることが可能です。
スムーズな診察をご希望の方は是非オンライン予約をご利用ください。

初診の方のご予約 再診の方のご予約 初診・再診の診療予約をする
ご予約前に要チェック!

当院では患者様の負担を軽減するため初診の患者様限定の割引クーポンをご用意しております。
当サイトからご予約の際は是非ご利用ください。

初診限定割引クーポン
無料相談・お問い合わせ

EDに関する疑問やED治療薬についてのご質問やご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

診療時間
平 日 12:00~20:00
土・日・祝日 11:00~19:00
メールでのお問い合わせ

メールフォームからのご相談・お問い合わせは24時間受け付けております。診療時間内であれば30分以内に返信しております。

無料相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは診療時間内のみ受け付けております。

03-5777-5065