ED治療薬の処方は東京都港区新橋ファーストクリニック
下記時間内であれば 30 分以内に返信しております 「平日/12:00~20:00 土・日・祝/11:00~19:00」無料相談・お問い合わせ
オンライン予約初診再診

バイアグラジェネリックのご紹介

バイアグラジェネリックは、バイアグラの物質特許(シルデナフィル)が2013年5月17日に満了、用途特許(勃起不全治療)が2014年5月13日に満了になっていますので、現在、国内のどの製薬会社でも生物学的同等性と薬剤の安定性を証明し、厚生労働省から製造販売承認を許可されれば発売することができます。
ジェネリック(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許により、特許期間内は同じ有効成分、同じ効果の薬品を製造することができません。しかし、特許が満了すると他の製薬会社から発売することができるのです。

新薬の開発には、莫大な開発費や時間がかかっていますので、当然ですが薬の価格にも反映され、ジェネリック医薬品よりも多少高価になってしまいます。
ジェネリック医薬品は新薬とは違い、製造過程でのコストを削減できますのでその分価格も抑えれます。
新薬の市場価格よりも4割~6割程の値段で購入できることがあります。しかし、バイアグラなどの薬価基準未収載薬と言われる薬価の無い薬剤の場合は、市場価格の6割~8割程の値段となることがあります。
ジェネリック医薬品は、ほとんど同じ有効成分、同じ効果で製造していますので、バイアグラジェネリックの副作用や併用禁忌薬はバイアグラと同じとお考え下さい。
国内のバイアグラジェネリックは厚生労働省から製造販売承認を許可されていますので、海外の日本未認可のバイアグラジェネリックより安全性は高いですが、バイアグラと同じくバイアグラジェネリックは薬価基準未収載ですので保険適用外の薬に分類されます。

バイアグラの国内ジェネリック

2014年にバイアグラの特許が切れたことにより、日本国内でもバイアグラジェネリックの製造が出来るようになりました。
こちらでは商品名と簡単な説明だけになりますが、バイアグラジェネリックの国内商品については、個々に詳細ページがありますのでそちらを参考にしてください。
国内のバイアグラジェネリックは厚生労働省から許可を得て製造していますので安全性や有効性は確立されています。

バイアグラジェネリック「FCI」
シルデナフィル錠VI「FCI」についての詳細はこちらをご覧ください。
バイアグラジェネリック「トーワ」
シルデナフィルOD錠「トーワ」についての詳細はこちらをご覧ください。
バイアグラジェネリック「テバ」
シルデナフィル錠VI「テバ」についての詳細はこちらをご覧ください。

シルデナフィル錠VI「DK」

DKはシルデナフィル錠25mgVI「DK」とシルデナフィル錠50mgVI「DK」の2種類が製造されております。シルデナフィル成分含有のバイアグラジェネリックとなっております。大興製薬株式会社が製造、シルデナフィル錠25mgVI「DK」は摩耶堂製薬株式会社、シルデナフィル錠50mgVI「DK」は摩耶堂製薬株式会社と本草製薬株式会社から販売されており、摩耶堂製薬株式会社から出ているDKは販売承認日が2014年8月12日、発売開始日が2014年9月19日、本草製薬株式会社から出ているDKは販売承認日が2014年8月12日、発売開始日が2014年9月10日となっております。

シルデナフィル錠VI「キッセイ」

キッセイはシルデナフィル錠25mgVI「キッセイ」とシルデナフィル錠50mgVI「キッセイ」の2種類があり、バイアグラジェネリックですのでバイアグラ同様の有効成分シルデナフィルを含有しています。キッセイ薬品工業株式会社が製造・販売しており、販売承認日が2014年8月12日、発売開始日が2014年9月19日となっております。
形はバイアグラとは違い円状で色はほぼバイアグラと同色をしております。

※キッセイは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

シルデナフィル錠VI「YD」

YDはシルデナフィル錠50mgVI「YD」のみの製造となっております。バイアグラのジェネリック医薬品ですので有効成分もバイアグラと同じシルデナフィルです。株式会社陽進堂が製造・販売しており、販売承認日が2014年6月23日、発売開始日が2014年8月4日となっております。
錠剤は割線が付いておりピルカッター等で半分に割ることも出来ます。

※YDは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

シルデナフィル錠VI「あすか」

あすかはシルデナフィル錠50mgVI「あすか」のみ製造されております。バイアグラジェネリックですので有効成分はシルデナフィルでバイアグラと同じです。あすか製薬株式会社が製造、武田薬品株式会社が販売をしており、販売承認日が2014年6月23日、発売開始日が2014年8月20日となっております。
ピルカッター等で割りやすいように錠剤には割線が入っております。

※あすかは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

シルデナフィル錠VI「TCK」

TCKはシルデナフィル錠25mgVI「TCK」とシルデナフィル錠50mgVI「TCK」の2種類が製造されています。バイアグラのジェネリック医薬品ですので有効成分も一緒でシルデナフィルとなっております。辰巳化学株式会社が製造・販売しており、販売承認日が2014年8月12日、発売開始日が2014年9月26日となっております。
錠剤はバイアグラとは全く違い円状の形でピンク色をしております。

※TCKは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

シルデナフィル錠VI「SN」

SNはシルデナフィル錠25mgVI「SN」とシルデナフィル錠50mgVI「SN」の2種類製造されています。シオノケミカル株式会社が製造、アルフレッサファーマが販売をしており、販売承認日が2014年8月12日、発売開始日が2014年9月9日となっております。
錠剤の形は円状でピンク色をしており、バイアグラとは全く違う見た目となっております。

※SNは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

バイアグラの国外ジェネリック

バイアグラの特許期限は2014年に切れたのですが、それ以前からバイアグラジェネリックは登場していました。2014年以前のバイアグラジェネリックはインド産がほとんどであり、インドでは特許に関する法律が、日本や他の海外の国とは違い、医薬品の物質特許が法律上認められていませんでした。
その為、インドの法律には違反せず、特許が切れていないバイアグラジェネリックを製造することができました。
2005年に法律改定がありましたが、先発製薬会社であるファイザー株式会社に金額を支払うことで継続してバイアグラジェネリックを製造することが出来たので市場に出回っていたのです。
日本では、国外のバイアグラジェネリックは認可されていませんので、安全性や有効性は確立されていません。
また、国外のバイアグラジェネリックは、日本では個人輸入でしか手に入れる方法がないため偽造薬を購入してしまう恐れがあり大変危険です。
個人輸入で購入したED治療薬の約56%が偽造薬だったと調査の結果も出ていますので、絶対に個人輸入はしないようにしてください。

カマグラ

カマグラはカマグラ50mg、カマグラゴールド100mg、スーパーカマグラ、カマグラチュアブル100mg、カマグラ発泡錠100mg、カマグラオーラルゼリー100mgなど様々な商品が出ている海外では人気のバイアグラジェネリックです。
インドの製薬会社であるアジャンタファーマ社が製造・販売しております。
錠剤タイプだと形はバイアグラとほぼ一緒で色が緑がかった色をしています。

※カマグラは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

シラグラ

シラグラの有効成分はバイアグラと同じでシルデナフィルとなっていますのでバイアグラジェネリックとなります。スハグラ同様にインドの製薬会社で世界的に有名なシプラ社が製造・販売をしております。
容量は50mgと100mgの2種類となります。錠剤はバイアグラとは違い楕円形に近い形にピンク色をしております。

※シラグラは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

スハグラ

スハグラの有効成分はシルデナフィルで、シラグラ同様にインドの製薬会社で世界的に有名なシプラ社が製造・販売しているバイアグラジェネリックとなります。
容量は25mgと50mgと100mgの3種類ありバイアグラと同容量となっております。
錠剤はバイアグラとほぼ同じ形、色をしております。

※スハグラは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

カベルタ

カベルタはバイアグラと同一成分である、シルデナフィルを含有するバイアグラジェネリックとなっております。インドの製薬会社であるランバクシー社から製造・販売されています。
容量は50mgと100mgの2種類となっており、形や色はバイアグラとは全く違い三角形で濃い赤色の錠剤となっております。
バイアグラと同一成分であるシルデナフィルが有効成分である為、効果や副作用もほぼ同じだと思ってください。

※カベルタは当クリニックでは処方しておりませんのでご了承ください。

オンライン予約

当院ではインターネットを通じて診察のご予約をすることが可能です。
スムーズな診察をご希望の方は是非オンライン予約をご利用ください。

初診の方のご予約 再診の方のご予約 初診・再診の診療予約をする
ご予約前に要チェック!

当院では患者様の負担を軽減するため初診の患者様限定の割引クーポンをご用意しております。
当サイトからご予約の際は是非ご利用ください。

初診限定割引クーポン
無料相談・お問い合わせ

EDに関する疑問やED治療薬についてのご質問やご相談がありましたらお気軽にお問い合わせください。

診療時間
平 日 12:00~20:00
土・日・祝日 11:00~19:00
メールでのお問い合わせ

メールフォームからのご相談・お問い合わせは24時間受け付けております。診療時間内であれば30分以内に返信しております。

無料相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは診療時間内のみ受け付けております。

03-5777-5065